2017年03月11日

RightRiseが飛んだらしい

RightRiseが飛んだっていう噂を聞きました。

しかも、2017年3月6日にw

イギリス国家公認の速度取り締まりの会社って言ってたのにウソだったの?w

危うく僕も投資してしまうところでした。

お試しで1万円をビットコインに変換したところでした。

ビットコインへの変換だけでも時間がかかったしわからないから慎重に進めていてよかったです。

1万円はビットコインとして、「仮想通貨」として持っているためなんの損失もありません。

もしライトライズへログインしてビットコインからライトライズの株を買っていたら出金できないということになっていたでしょう。

投資した元本も引き出せないというのは最初に見ていたので小額投資ならいいか、と思っていました。

それが詐欺やウソであっても日利3%で資金を運用できるというのはおいしい話ですからね。

1万円を投資して一か月後に2万円になっていたら嬉しいでしょう?

もし元金が引き出せなくても次の月から1万円ずつ永遠に引き出せるとしたら?

1万円×12ヶ月=12万円です。

単純に投資資金の1万円が12倍になるっていう話になりますね。

なんでもそうですがリスクはあります。

株式投資であってもFXであってもリスクはあるのです。

HYIPと呼ばれる高利回りへの投資も「会社がいつ資金ショートを起こして止まるか」ということが焦点となります。

それが詐欺の会社であってもウソであっても3年持ってくれれば自分が投資した資金は十分に回収できる、という考え方ができます。

もっともその会社が飛ぶタイミングは誰にもわからないのでライトライズが飛んだ瞬間に騒いでいる人たちは「投資した資金を回収できていない」のでしょう。

どんな投資にもリスクはあります。

だから、分散投資をしたり高利回りではない投資に目を向ける必要があります。

今回、ライトライズは飛んだかもしれないということです。

しかし、本当にイギリス政府が公認しているならライトライズが飛んだ場合、国も訴訟の対象になります。

イギリスという国のブランドに傷がつきますね。

果たしてライトライズは本当に飛んだのでしょうか?

これからの動向を静観したいと思います。
posted by hiroumi at 03:56| 兵庫 ☔| Comment(0) | HYIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin